トップページ > 建築 > 新着情報 > 福祉住環境専用プレゼンシステム「Care House Planner ver.7」リリース

新着情報

2010年2月1日
株式会社コンピュータシステム研究所

福祉住環境専用プレゼンテーションシステム
「Care House Planner (ケアハウスプランナー) ver.7」  2010年2月1日リリース

VST / 建築Vision

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸、TEL:022-301-3280)は、高齢者に配慮した安心・安全住宅向けの新築・リフォーム対応住宅用プレゼンテーションシステム「Care House Planner (ケアハウスプランナー) Ver.7」を2010年2月1日より発売を開始致します。

製品の概要

「Care House Planner」は、超高齢社会を迎え今後ますます需要が増す事が予想される「高齢者向けの住宅リフォーム」、「高齢者に配慮した新築住宅」のプレゼンテーションに最適な福祉住環境専用プレゼンシステムです。
バリアフリーリフォームや介護保険を利用した住宅改修、老後の住環境を見据えた新築住宅の提案など、高齢者の日常生活動作まで考慮したプレゼンテーションを実現します。

Ver.7からの主な新機能

処理スピードの向上

特にレイトレーシングでは、「旧バージョン」と比較して平均3~4倍、プランによっては約10倍のスピードUPを実現しました。プレゼンパース作成時の待ち時間は軽減され、 お施主様と対面しながらのプレゼンテーションがより効果的に行えるようになりました。

パースクオリティの向上

作成スピードの短縮と同時に、パースのクオリティも向上しました。今まで以上に、明るく光溢れるプレゼンパースの作成が可能となりました。

テクスチャの質感・凹凸をリアルに表現

バンプマッピングに対応し、テクスチャを立体的に表現できるようになりました。質感や凹凸がよりリアルになり、実際のイメージに近づいたプレゼンテーションが行えるようになりました。

部材入力のドラッグ&ドロップ対応

部材の入力・変更が、ドラッグ&ドロップで行えるようになりました。操作はより直感的に行え、作業時間の短縮を実現しました。

パースビューワーの表示改良

視点変更や画角操作を改良し、使いやすくなりました。パース画面での編集・確認作業がこれまで以上にスムーズかつ効率的に行えるようになりました。

オプション機能を追加

・「マルチパース」(シーピーユー社)・・・高画質でのウォークスルーが可能となりました。

その他の新機能

細かい変更不要のデフォルト設定/右クリックに対応/視点変更の操作改良/平面図の塗りつぶし表現のグラデーション対応/テクスチャの立体感 等、操作性を徹底的に見直し、1棟完成までの時間を短縮しました。

■発売日 : 2010年2月1日

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社コンピュータシステム研究所 建築事業部

東京都新宿区三栄町9-18

電話 03-3350-4686 FAX 03-3356-6737