トップページ > 建築 > 新着情報 > 「建築3Dパース検定」サポート企業へ登録

新着情報

一般社団法人コンピュータ教育振興協会が主催する
「建築3Dパース検定」のサポート企業に登録しました。

当社は、一般社団法人コンピュータ教育振興協会(ACSP)が平成24年2月に実施する建築系・汎用系の3次元CADシステムやCG/グラフィックソフトを用いた建築3Dパースの第三者評価&表彰制度「建築3Dパース検定」のサポート企業として協力しています。

建築3Dパース検定について

建築3Dパース検定の意義

この検定制度は、「3Dパースの大量消費時代」を担う人材の裾野拡大と、その技能の社会的価値化による就業支援、また同時に、目指すべき頂点のプロフェッショナル技能への社会的評価を喚起して、ユーザーならびに関連業界の発展に寄与することを目指しています。

建築3Dパース検定のメリット

作品が第三者により客観的な評価を受け、さらに表彰されることにより、以下のようなメリットが享受されます。

1. 自身の実力が確認できます。 → 仕事や学習のレベル&スキルアップにつながります。
2. 自身の実力が評価されます。 → 就・転職時の自己アピールにつながります。
3. 自身の作品が公開されます。 → 表彰者の社会的な評価につながります。

建築3Dパース検定の概要

主催 一般社団法人コンピュータ教育振興協会 (ACSP)
特別協賛 社団法人コンピュータソフトウェア協会 (CSAJ)
後援 社団法人日本建築士会連合会
社団法人日本建築家協会
受験対象者 建築系・汎用系3次元CADシステムを利用して、建築設計・製図、パース作成などの業務に従事またはその業種・職種を目指している方
実施日程 平成24年2月1日~7日
※2月1日に試験センターより問題を公開、受験者は7日までに作画データをアップロード
申込期間 平成23年11月15日~12月15日
受験エントリー料 6,000円
※第2回以降は一般10,000円、学生は6,000円
使用ソフト 使用ソフトは不問
※普段、授業や業務で利用しているソフトを使い(複数ソフトの組み合わせも可)、提供した資料をもとにパースを作画

※使用ソフトについて

当社製品の住宅プレゼンソフト「ALTA」や「VST」を使用しても受験いただけます。

検定の詳細は公式Webサイトよりご覧いただけます。