トップページ > 建築 > 新着情報 > 住宅用 企画・プレゼンシステム「ALTA Ver 1.10」リリース

新着情報

2011年10月20日
株式会社コンピュータシステム研究所

住宅用 企画・プレゼンシステム 「ビルドバイザー ALTA」
見積や構造機能を強化した新バージョンを2011年10月20日リリース

ビルドバイザー ALTA(アルタ)

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸、TEL:022-301-3280)は、住宅用企画・プレゼンシステム「ビルドバイザー ALTA(アルタ)」の積算・見積、構造等の機能を強化し、バージョンアップ版の「ALTA ver.1.10」として2011年10月20日より発売開始いたします。

製品の概要

住宅用企画・プレゼンシステム「ビルドバイザー ALTA」は、新築住宅及びリフォーム営業を円滑に行う為のプレゼンテーションシステムです。

「お施主様の笑顔が見れるプレゼンソフト」というコンセプトの基、CADのように難しい知識を必要とせず、誰でも簡単に使える直感的な操作・快適なスピードで、施主と対面し要望を聞きながらプレゼンテーションが行えます。

「ビルドバイザーALTA」は、プレゼンテーションを「早く・正確に・分かりやすく」行う事で受注を支援しクレームを防止、施主の信頼獲得をバックアップします。

主な新機能

提案段階でも根拠のある正確な見積を短時間で作成

作成したプランから自動積算によって拾われた数量データに対し、メーカー電子カタログから資材を選択すれば、見積書に単価が反映され、提案段階でも根拠のある見積書をスピーディーに作成できるようになりました。


約70社のメーカー電子カタログを搭載


メーカー電子カタログとは、資材メーカー別の建材・住設機器等の画像と単価がセットされたデータベースです。
外壁材、玄関ドア、システムキッチン、ユニットバス、トイレ等の約70社の資材メーカーの電子カタログを搭載しています。

構造伏図の自動生成

プレカット工場のノウハウを活かした構造伏図の自動生成と正確な木材積算ができるようになりました。
横架材は区画線に基づいて配置。 スパン表による梁成は他の横架材による加工欠損を考慮し、適切な梁成を決定します。 また、各木材の定尺材による経済効率を考慮した自動木拾いができ、営業段階でも正確な木工事の見積書の算出が行えます。

CEDXMによるプレカットCADとのデータ連動

CEDXM(シーデクセマ)データによるプレカットCADとのデータ連携が行えるようになりました。
意匠~プレカット間の食い違いのないデータの受け渡しが可能です。

福祉住環境のプレゼンテーション

高齢者リフォームや介護リフォームのプレゼンに役立つ、車いす・介護ベッド・手すり・スロープ等の福祉住環境用の3D部品を500点以上収録。
福祉・介護機器のレイアウトのシミュレーションや、車いす・歩行器の間口の確認等、高齢者の日常生活動作を考慮した福祉住環境のプレゼンが行えるようになりました。

3次元CAD「SuperSoft」とのデータ連動

「ALTA」で作成したプランは、スーパーソフトウェア社の木造住宅3次元CAD「Super Soft」とデータ連携が可能となりました。
間取り・建具・家具や住宅設備機器等の情報をそのまま「Super Soft」へインポートでき、効率よく正確に各種申請図書の作成が行えます。

関連リンク

製品の詳細は下記ページでご覧いただけます。

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社コンピュータシステム研究所 建築事業部

東京都新宿区三栄町9-18

電話 03-3350-4686 FAX 03-3356-6737