トップページ > 建築 > 新着情報 > 土地活用事業化支援システム「ROOK」をリリース

新着情報

2012年7月2日
株式会社コンピュータシステム研究所

土地活用提案営業のワークフローを変える
土地活用事業化支援システム ROOK(ルーク)をリリース  ※特許出願済

土地活用事業化支援システム ROOK(ルーク)

 株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸、TEL:022-301-3280)は、土地活用提案営業のワークフローを変える土地活用事業化支援システム「ROOK(ルーク)」を生活産業研究所株式会社(企画協力)、建築ソフト株式会社(開発協力)と協業し、2012年7月2日より発売開始いたします。

 従来は設計者の支援ツールとして、「単体・集団規定」、「斜線・逆日影・避難経路等の規制チェック」、「自動積算」、「収支計画」等の各ソフトを単体で利用しておりましたが、ROOKを活用する事により、これらの業務を1つのソフトで行え、土地のオーナーへ提出する事業計画書の作成時間を大幅に削減します。

商品概要

土地活用提案の成約率を上げる営業支援ツール

 ROOKは、設計知識の少ない営業マンの方が、土地活用提案の初期段階で実現可能性のある事業計画を提案するための土地活用事業化支援システムです。

 設計者レベルの建築知識を必要とせず土地の最大価値をすばやく算出し、時間と手間を掛けずに事業計画書を作成。地主やオーナーへのスピーディーな提案で成約率の向上に貢献します。

 敷地計画から建築計画、収支計画、プレゼンまでをカバーし、新しい土地活用提案営業を実現します。

利用対象者

土地有効活用の事業化提案営業に携わる方向けのツール

 ROOKは、オーナーや地主に対して、土地活用の提案・コンサルティング業務に携わる方にご利用いただくシステムです。 集団規定等の建築法規に詳しくない営業職の方でも使いこなせる、今までにない営業支援ツールです。

【主な利用対象業種】
・金融機関関連 ・不動産鑑定士 ・資産運用コンサル ・設計事務所 ・建設業者・工務店 ・不動産業者 ・企画開発会社

主な機能

土地の最大価値を瞬時に算出し、事業計画書をスピーディーに作成

敷地から建物を自動設計

 登録した計画敷地図に居住タイプを設定するだけで、斜線・日陰規制などの集団規定と避難路まで考慮した単体規定をクリアした建物を自動で生成します。建築知識の少ない方でも、簡単に建物のボリューム出しを行えます。

規制チェックを行い容積率を算出

 各種規制チェックを行い、単体/集団規定をクリアした建物ボリュームを算出します。未消化の容積を最大限活用することで有効的な土地活用の提案をする事ができます。

入力データから自動積算

 自動生成された建物の形状から面積・数量を同時に拾い出し、予め登録された単価情報より建築工事費、設備工事費、共通費を算出します。 坪単価や過去の経験値ではなく、裏付けのある収支計画を提案する事ができます。

収支計画を行い事業計画書を作成

 概算見積もりした工事費より「予算計画」、自動生成した建物より部屋毎の「賃貸計画」を行い、事業計画書を作成する事ができます。 収支計画は、地主の目の前で変更が行え、瞬時に表面利回り・実質利回りまで計算します。

発売日・価格

■発売日 : 2012年7月2日

■価格 :オープン

【本件に関するお問い合わせ先】

株式会社コンピュータシステム研究所 建築事業部

東京都新宿区三栄町9-18

電話 03-3350-4686 FAX 03-3356-6737