トップページ > 建築 > 新着情報 > GyroEye for ALTAをリリース

新着情報

2016年8月22日
株式会社コンピュータシステム研究所

手軽に住空間へ没入できるポータブルVRシステム
「GyroEye for ALTA」をリリース

GyroEye for ALTA (ジャイロアイ フォー アルタ)

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:長尾良幸、TEL:022-301-3280)は、住宅プレゼンシステム「ALTA」で作成したプランをインフォマティクス社のVRビューワーアプリ「GyroEye(ジャイロアイ)」形式で出力可能なALTAのオプション商品「GyroEye for ALTA」を2016年8月22日より販売開始します。

「GyroEye for ALTA」の概要

住宅に入って完成イメージを体感

住宅プレゼンシステム「ALTA」で作成したプランを「VR体験」

住宅プレゼンシステム「ALTA(アルタ)」で作成した3DプランをGyroEye形式のデータで書き出し、iPhoneやiPadに取り込むだけで、手軽に仮想の住空間を体験する事ができます。
端末を向けた方向にあわせて住空間がスクロールし表示されるので、住宅の中にいるような感覚を味わう事ができます。

プレゼンソフト ALTA住宅の3Dプランを作成
GyroEye for ALTAGyroEye形式で出力し、専用サーバーへアップロード
ビューワーアプリ GyroEyeiPhoneやiPadでVR体験

「GyroEye(ジャイロアイ)」とは

「GyroEye」は、インフォマティクス社が開発した無料のビューワーアプリです。
ALTAで作成した3DプランをiPhoneやiPadで閲覧する事ができます。
スマホ装着型のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)に対応していますので、手軽にVRを楽しむ事が可能です。

※2015年度中小企業優秀新技術・新製品賞「奨励賞」受賞アプリ

主な特徴

空間の「高さや奥行」までも体感

HMDで高品質なVR体験

「GyroEye」は、iPhone装着タイプのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使って、より高品質なVR体験が可能です。
HMD装着時には、ワイヤレスのコントローラを使って、自由に住空間を移動する事ができます。

自然でリアルな高画質を表現

リアルタイムレンダリングで高画質な画像を表示。
さらに、光や影の各種光源効果によって、自然でリアルな画像を楽しむ事ができます。

HMD(ヘッドマウントディスプレイ)iPhone挿入型のヘッドマウントディスプレイ

広い視野角による高い没入感

二眼レンズの広い視野角によって、まるで部屋の中にいるような高い没入感を体験できます。
家具や家電の高さ、部屋の奥行や広がりまでも体感する事が可能です。

二眼表示

ビルダー様の活用メリット

体感プレゼンで競合との差別化

手軽にVR体験が行え、お施主様に住宅の完成イメージをわかりやすく・楽しく提案する事ができます。
パースや図面、カタログ等を使ってプレゼンを行っている競合との差別化が図れます。

安心の提案で完成後のクレーム防止

パースや図面とは違って、住宅の隅々まで自由に歩きまわる事ができます。
お施主様に安心感を与える事ができ、住宅完成後のクレーム防止に役立ちます。

価格

商品名 価格(税別) 内容
GyroEye for ALTA \680,000- ・ALTA → GyroEye 変換用ソフトウェア
・ヘッドマウントディスプレイ:1台
・コントローラ:1台
GyroEye 無料 iPhone、iPadの閲覧用アプリ
※APPストアよりダウンロード可能

関連リンク

製品の詳細は下記ページでご覧いただけます。

お問い合わせ先

株式会社コンピュータシステム研究所 建築事業部

東京都新宿区三栄町9-18

電話 03-3350-4686 FAX 03-3356-6737