トップページ > 建築 > 新着情報 > 「KIZUKURI 2×4 Ver5.5」をリリース

新着情報

2017年11月29日
株式会社コンピュータシステム研究所

設計者の生産性向上に貢献する 枠組壁工法版 木造住宅構造計算システム
「KIZUKURI 2×4 Ver5.5」を2017年11月30日にリリース

構造計算ソフト KIZUKURI 2×4(ツーバイフォー)

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸、TEL:03-3350-4591)は、木造住宅構造計算システム「KIZUKURI」シリーズの枠組壁工法版「KIZUKURI 2×4」の新バージョンを2017年11月30日にリリース致します。

今回のバージョンでは、作業者の生産性を向上させ、中大規模建築物の計算業務に必要な機能を追加しました。

枠組壁工法版 構造計算システム「KIZUKURI 2×4」の概要

5,000ライセンス以上の出荷実績

枠組壁工法対応の「KIZUKURI 2x4」は、木造建築物及び混構造の木造部分の構造計算を行うソフトです。

コンピューターで構造計算ができる市販のソフトとしては国内初の歴史があり、軸組工法対応のKIZUKURIと合わせて延べ5,000ライセンス以上の出荷実績があります。

KIZUKURI 2X4

「KIZUKURI 2×4 Ver5.5」の主な新機能

じん性の検討

共同住宅や中大規模の非住宅でも求められるじん性の検討機能を追加しました。

PHの偏心率計算

ペントハウスの偏心率の計算に対応しました。

JWデータの下絵表示

JWデータを下絵表示する事で、初期の入力作業を効率よく行えるようになりました。

耐力壁に直行する横架材の短期回転力計算

直行する架構の応力を自動で考慮できるようになりました。

JWWファイルの読み込みJWWファイルの下絵表示

価格

商品名 価格(税別) 備考
KIZUKURI 2×4 Ver5.5 【新規購入】 \450,000- ※新規購入の場合の価格となります。

【増設】

\225,000- ※2本目以降の価格となります。

※バージョンアップの価格につきましては、別途お問い合わせください。

発売日

発売日 2017年11月30日(木)

関連リンク

製品の詳細は下記ページでご覧いただけます。

お問い合わせ先

KIZUKURIに関するお問い合わせ窓口

※新規購入・バージョンアップ、見積のご依頼、その他ご質問等はこちらよりお問い合わせください。