トップページ > 建築 > 新着情報 > 「KIZUKURI Ver7.7」をリリース

新着情報

2018年5月18日
株式会社コンピュータシステム研究所

「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」に追加対応した
木造建築物構造計算システム「KIZUKURI Ver7.7」を2018年6月4日にリリース

構造計算ソフト KIZUKURI(キズクリ)

株式会社コンピュータシステム研究所(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長尾良幸、TEL:03-3350-4591)は、木造建築物構造計算システム「KIZUKURI Ver7.7」を2018年6月4日にリリース致します。

今回のバージョンでは、「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」への対応の他、視覚的な確認ができる機能等を追加し、よりわかりやすく使いやすいシステムとなりました。

構造計算システム「KIZUKURI」の概要

5,000ライセンス以上の出荷実績

軸組工法対応の「KIZUKURI」及び枠組壁工法対応の「KIZUKURI 2x4」は、それぞれの工法による木造建築物及び混構造【異種構造を併用する構造物:告示593号】の木造部分の構造計算を行うソフトです。

コンピューターで構造計算ができる市販のソフトとしては国内初の歴史があり、延べ5,000ライセンス以上の出荷実績を誇ります。

隅木(斜め材)配置と谷折り・山折り図

「KIZUKURI Ver7.7」の主な新機能

2017年グレー本に追加対応

公益財団法人 日本住宅・木材技術センター発行「木造軸組構法住宅の許容応力度設計(2017年版)」(グレー本)に追加対応しました。

【対応項目】
階高が高い建築物における筋違の低減率 偏心率の計算方法の対応

水平構面の応力図の画面表示

床構面のQ図やM図、Mf図を画面に表示できるようになりました。
せん断力やモーメント力の大小を視覚的に確認する事が可能です。

木造軸組構造計算ソフト「kizukuri Ver7.7」床構面のQ図

その他

金物自動算定の強化
アンカーボルトのせん断力の検定
スラブ配筋にD16を追加
個別計算の部材を判別表記
青本の廃止(機能削除) 等

価格

商品名 価格(税別) 備考
KIZUKURI Ver7.7 【新規購入】 \450,000- ※新規購入の場合の価格となります。

【増設】

\225,000- ※2本目以降の価格となります。

※バージョンアップの価格につきましては、別途お問い合わせください。

発売日

発売日 2018年6月4日(月)

関連リンク

製品の詳細は下記ページでご覧いただけます。

お問い合わせ先

KIZUKURIに関するお問い合わせ窓口

※新規購入・バージョンアップ、見積のご依頼、その他ご質問等はこちらよりお問い合わせください。