トップページ > 建築 > ALTA > 導入事例 > 耕和住宅

住宅用 企画・プレゼンシステム ビルドバイザー ALTA

ALTA導入事例 耕和住宅 様

耕和住宅

わかりやすい完成イメージの提案で受注率が向上

「耕和住宅」は、江南市・一宮市を中心とした愛知県西尾張・岐阜県南部で活動する地元密着の工務店である。

「お客様に長く喜んでいただける事」にこだわり、厳選した自然素材を使い、長年の経験と技術を持つ職人とともに、 建築知識と技術力を活かした家造りを行っている。

今回は、社長のご子息である伊藤誠二様と実際にALTAを使っている奥様の夏江様にお話を伺った。

耕和住宅

完成イメージがわかる提案をお施主様が求めていた。

導入の経緯

最近プラン打ち合わせに行くと、お施主様が3Dパースを求めてくる傾向にあったのに対し、これまでは手書きの平面図のみで打ち合わせをしていました。 「ハウスメーカーでは3Dパースを持ってきてくれるのに…」と言われて悔しい思いもしました。

立体感を持ってイメージのつきやすい提案「3Dを見てみたい」というお施主様のニーズに早く答えたかった。
そして、それが実現する事によって「小規模な工務店ではできないんだ…」というネガティブなイメージを払拭したかったんです。

実は某社のプレゼンソフトに決めかけていました。
しかしALTAの提案を受けるにつれ、次第に、拡張性つまりプレゼンだけではなく、例えば見積連動等、とにかく将来性のあるシステムだという気がしてきました。 将来の事を考え、様々な可能性と柔軟性を持つALTAに導入を決めました。

伊藤誠二 様伊藤誠二 様

ノートPCを使って、対面プレゼンもしています。

活用シーン

約2年前に導入したALTAは、主にプレゼンにて使用しています。
特にお施主様が来訪してくださる場合は、ノートPCを使ってその場で対面プレゼンをしたりもします。 やはり3Dを目の前で見せるのは非常に効果的ですし、何よりお施主様が「わかりやすい!」と言っていただけますね。
「小さい工務店だけどできるんだ!」って思ってくれているみたいです。

最近はプレゼンだけでなく、「概算見積書」の作成に活用し始めています。 もう少し精度を調整する事で、概算と言えど詳細に近い、もしくは詳細見積書として使っていきたいです。
多機能に渡るALTAだからこそ、もっともっと活用の幅を拡げていきたいですね。

また、決まったプランを建築設計事務所に持ち込んで確認申請の依頼をしているのですが、ALTAの2次元CAD機能を使い、平面・立面図をCADデータ形式で出力する事によって、仕事の依頼がしやすくなりました。設計士さんとの打ち合わせもスムーズになりましたし、ALTAの新たなメリットの発見でした!

伊藤夏江 様奥様の夏江様

受注率は上がり、仕様の決定も早くなりました!

導入効果

お施主様からは「プランがわかりやすくなった!」「イメージがつきやすいね!」と言っていただけます。
お施主様の潜在的な趣向も引き出しやすくなったと実感しています。
イメージが伝えやすくなることによって、受注の確率も上がりましたね。

また、外壁材等は「実際貼ってみなけりゃわからない」とよく言いますが、完成イメージのパースに一瞬で貼り付けられるので、打合せがスムーズになり、仕様決定も早くなりました。

以前は色鉛筆で手書きをしていたので、その手間ヒマを考えると…
もう手離せないですね(笑)

小さい工務店はデザインが野暮といったイメージを変えていきたい

今後

いずれは自社でも確認申請書類作成をやっていきたいので、ALTAの確認申請書類作成機能を充実して欲しいと思っています。
確認申請用平面図におけるサッシの寸法、形状がALTAで入力できるようになるといいし、24時間換気量計算表も出力できるようになるといいですね。

また、外観パースはかなり速く作れるようになりましたので、あとは内観パース提案のスピード化もやっていきたいですね。
「お気に入り登録」機能を効果的に使って、提案の統一感や速さを求めていきたいです。

それから、とにかく提案のレベルを上げていきたいです!
最近ではお施主様の要望でも多いのですが、今風のデザインの家も積極的に提案したいので、雑誌等からデザインが良いと思うプランをチョイスして入力してみたりしています。
こういうプランの3Dも簡単に作れてしまうので、お施主様の反応も見れますし、なにより私達の勉強にもなります。

「小さい工務店はデザインが野暮」といったネガティブなイメージを変えられる!ALTAはそんなツールだと思っています。

ユーザーデータ

耕和住宅

〒483-8369 愛知県江南市河野町河野138番地
TEL:0587-58-8220