トップページ > 建築 > ALTA for プレカット > 操作の流れ

木拾いの救世主 自動木拾いでスピーディーな見積提出 プレカット工場向け 自動木拾いシステム 「ALTA for プレカット」

操作の流れ

【STEP1】簡単操作で間取りを入力

画面のグリッドに沿って、間取りと建具を入力します。
入力は直感的に行え、プレカットCADに比べて極めて簡単です。

また、ALTAは入力と同時に自動でプランが3D化されますので、立面やパースでも確認いただけます。

間取り入力

【STEP2】下図を自動作成

入力した間取りから下図を自動で作成します。

地域によって様々な番付も、自由に設定可能です。

下図を自動作成

【STEP3】構造伏図を自動作成

作成した下図から全自動で伏図、軸立面図、軸組パースを作成。

プレカット工場様独自の設定を基にした構造伏図の作成が簡単に行えます。

構造伏図を自動作成

【STEP4】同時に木拾い情報を取得

端材の切り回しや定尺物の本数と木取りされた本数を自動で算出します。
プレカットCADのように難しい知識を必要とせず、誰もが簡単に木拾い積算が行え、時間と手間を掛けずに見積作成が行えます。

拾い出し編集画面拾い出し編集画面
拾い出し編集画面(本数表示)拾い出し編集画面(本数表示)
プレカット見積書プレカット見積書
プレカット見積書(明細)プレカット見積書(明細)