トップページ > 建築 > 製品一覧 > デジタルスケッチ ドラフト

手書きの間取り図をJw_cadの図面に変換 [デジタルスケッチドラフト]

Digital Sketch DRAFT (デジタルスケッチドラフト)

手書きの間取り図が一瞬で「Jw_cad」 の図面に!

「Digital Sketch DRAFT(デジタルスケッチドラフト)」は、専用紙に専用の電子ペンで書いた手書きの間取り図を、一瞬で「Jw_cad」&「AutoCAD」形式の平面詳細図に自動で変換する作図支援ツールです。
手で書いた情報は全て電子ペンに記憶され、USBでPCに転送するだけですので、スキャナー等の機材は一切必要ありません。

専用紙に専用のペンで間取りを書く専用紙に専用のペンで間取りを書く
平面図に自動変換し、Jw_cadデータ化平面図に自動変換し、Jw_cadデータ化

平面図・平面詳細図に変換

手書きの間取り図は、「一般平面図」「平面詳細図」に変換可能

平面図平面図
平面詳細図平面詳細図

様々な保存形式に対応

変換した平面図データは、Jw_cadやAutoCAD形式で保存可能

手書きの間取り図から自動変換した平面詳細図データは様々な形式で保存が可能です。
各データは専用のソフトでそのまま編集が行え、CAD入力の手間が省けます。
また、画像データやEPSデータでの保存も行えますので、CADが苦手な方でも平面詳細図を簡単に作成できます。

保存可能なデータ形式

JWW、DXF、DWG、EPS、BMP、JPG、PNG、ZSD・ZSDX
※「ZSD・ZSDX」は、フォトロン社の2次元CAD「図脳RAPID」のデータ形式です。

2次元CAD「図脳RAPID」とのデータ連携

図脳rapid

フォトロン社の2次元CAD「図脳RAPID」は、設計者だけでなく図面に携わるすべての人々が利用できる製図ツールです。

Digital Sketch DRAFTは、「図脳RAPID」形式のデータ保存が行えますので、あわせてご利用いただければ、作図業務をより効率良くスピーディに行えます。

図脳rapid