トップページ > 建築 > 製品一覧 > House Library

住宅履歴情報(いえかるて)管理システム  House Library (ハウスライブラリー)

住宅履歴情報(いえかるて)管理システム 「House Library」

お施主様の住宅履歴情報(いえかるて)の管理に最適

住宅履歴情報を一元管理し、お施主様と情報共有

「House Library (ハウスライブラリー)」は、住宅履歴情報(いえかるて)、メンテナンス情報など、住宅に関するあらゆるデータをお施主様毎にWeb上で一元管理できるASPサービスです。

情報は、社内はもちろん、お施主様とも共有でき、日々のコミュニケーションやアフターメンテナンス にも役立つ「お施主様から信頼を獲得するためのツール」です。
大切なお施主様の情報を管理するとともにコミュニケーションの場を提供します。

ご利用イメージ

ご活用シーン

プラン提案からメンテナンスまで、あらゆるシーンで

お施主様へのプラン提案から打合せ、契約、着工・竣工・引渡し、維持・メンテナンスに至るまで、お施主様との日々のコミュニケーションや情報共有は「House Library」を利用する事によって安全・確実に行えます。

お施主様は、いつでも自宅の情報を引き出す事ができ、住宅履歴で定められたお施主様への情報開示に対応できます。
また、図面や写真等のすべての情報を一元管理する事ができますので、社内の情報共有にも役立ちます。

活用シーン

「いえかるて」とは

住宅に関するすべての情報 = 住宅履歴情報(いえかるて)

いえかるて

住宅履歴情報「いえかるて」は、住宅に関するすべての情報で、住宅の設計、施工に関する情報をはじめ、竣工後の検査やメンテナンスの履歴、権利など、住宅に関するすべての情報を含みます。

「いえかるて」は、施工業者が情報を生成し、それらに関する情報をお施主様自身が管理・閲覧する、住宅履歴の標準フォーマットといえるものです。

「いえかるて」によるメリット

計画的な維持管理の実現

竣工時の仕様や、これまでに行われたリフォームや維持メンテナンスの履歴情報が蓄積されるため、計画的かつ効率的な維持管理を行うことができます。

合理的なリフォーム

蓄積された住宅履歴情報を活用することで、リフォーム時の事前調査を軽減することが期待でき、的確な予算・工期でのリフォームを行うことが期待されています。

住宅資産価値の向上

住宅履歴情報に新築時の設計、施工からリフォームの履歴なども蓄積されることで、売買時の資産価値を高めることが期待されています。

緊急時に迅速な対応が可能

蓄積された住宅履歴情報によるトレーサビリティの向上により、災害時の住宅の補修・復旧や設備機器の不具合などにも迅速に対応を行うことができます。

住宅履歴情報サービス機関

当社は、住宅履歴情報サービス機関として登録されています。

情報サービス機関とは、「住宅履歴情報の蓄積・活用の指針」に基づき、住宅所有者が行う住宅履歴情報の蓄積・活用を支援するサービスを提供する機関です。

「いえかるて」では、作成した住宅履歴情報を一般財団法人住宅履歴情報蓄積・活用協議会に登録された情報サービス機関に預け入れることが求められています。
当社、株式会社コンピュータシステム研究所は、平成22年8月25日付で住宅履歴情報サービス機関の正会員として登録されています。

企業名 株式会社コンピュータシステム研究所
登録機関コード 0013
登録日 平成22年8月25日
業務内容 住宅履歴情報「いえかるて」の保管
住宅履歴共通IDの発行
長期優良住宅助成金事業等に伴う「住宅履歴情報証明書」の発行 など

無料お試しキャンペーン

「House Library」 無料お試しキャンペーン実施中!

お申込みより3ヶ月間無料でお試しいただけます。