トップページ > 土木 > 製品・サービス > ATLUS REAL Evo > 機能詳細

土木積算システム ATLUS REAL Evo(アトラス レアル エボ)

画像解析 自動解析 データ 積算詳細 経費・シミュレーション 出力 運用

機能詳細

ハイブリッド設計書自動解析エンジン搭載

電子設計書(PDF・Excel等)はもちろん、今まで取り込めなかった画像形式設計書もドラッグ&ドロップで取り込んで積算が行えます。

画像設計書取り込み
設計書をOCR機能で解析し積算。

電子設計書取り込み
設計書情報と過去の積算情報から自動解析。

画像解析機能

画像形式の設計書が取り込んで積算

文字情報を持たない画像形式の設計書データを取込んで、OCR(文字認識)機能で解析。データに変換し、積算することが可能になりました。
これまで、手入力で積算していた画像形式の設計書も、本機能により大幅に積算業務が効率化されます。

画像設計書データとは?
設計書をスキャンしたもの、画像出力したPDF等が画像形式の設計書データとなります。 データは大きく画像と文字に区分され、画像は画素で構成されたデータであり、コンピュータで扱える文字データを含んでいません。 ディスプレイ上で人の目には「設計書」の形をしていても、システム上では画像で構成されたデータである為、これまで積算処理に利用できませんでした。

OCRで画像設計書を解析

取り込んだ画像設計書を解析し内訳書を作成。
OCR(文字認識)機能で、画像設計書上にある文字を解析し、名称・規格・条件・数量等をデータに変換し登録します。
※ 解析する設計書の状態により、認識・変換精度に差異が生じる場合があります。

文字誤認識も簡単置換

OCRで誤った文字に認識されても、置換処理で簡単に修正が可能です。
置換パターンも作成でき文字修正を効率化します。

範囲指定OCRも可能

撮影した設計書など画像が粗く、自動OCRで認識ができない場合でもページ内の1部分を範囲指定し、部分的にOCRを実行する事も可能です。

設計書データ連動表示

取り込んだ設計書と、設計書画面の頁連動が可能ですので、積算業務効率もアップします。

自動解析機能

設計書を取込 自動解析

設計書データ(PDF・Excel等)をドラッグ&ドロップで取込。
取り込んだ設計書の工事名や積算条件(単価地区・経費条件)を自動設定し内訳書を作成します。

自動解析を強化した積算アシスト機能

ATLUS REAL で好評を博した歩掛条件アシスト機能を強化。
蓄積した学習データをもとに、より自動作業に近づけた「積算アシスト」機能を搭載しました。
「積算アシスト」は、取り込んだ設計書の情報量と過去に積算した 蓄積情報量から下記の方法で解析します。

自動確定

「積算アシスト」の解析により自動確定。一括で参考金額を算出するの で積算時間の短縮が可能です。
※自動解析・確定機能には一定の制約条件がございます。

設計書データ連動表示

取り込んだ設計書は、設計書画面と連動表示されますので、積算業務効率もアップします。

全国対応の豊富なデータ群

歩掛データ

国土交通省(土木・下水道・災害復旧)
農林水産省(土地改良・集落排水)
公園・緑地
厚生労働省(上水道)
林野庁(治山・林道)
防衛省
港湾・漁港
小口径推進
造園・修景
公共建築(給排水含)
橋梁架設
トンネル
UR都市機構
NEXCO
調査・測量・設計(土木)
調査・測量・設計(農林)

単価データ

国土交通省 地方整備局単価
農林水産省 農政局単価
都道府県単価
(一財)建設物価調査会データ
(一財)経済調査会データ
機械設備単価
NEXCO単価

最新・最適 データオンデマンド

積算をする際に、必用な単価・歩掛等のデータを適宜、オンデマンドで提供いたします。
これにより、データ更新の不備による違算やハードディスク容量の圧迫がなくなり、最新・最適・快適なデータ環境で積算が行なえます。

エクセル単価データを取込

お客様が独自の単価データを、Excel フォーマットを介し取り込むことが可能になりました。

建設物価・積算資料データの充実

「建設物価 / WEB建設物価 / 土木コスト情報 / 建築コスト情報」や「積算資料 / 土木施工単価 / 建築施工単価」の各種データを搭載。
発刊月・掲載ページも分かりやすく表示されます。 2誌平均単価・2誌安値単価も標準搭載しています。

積算詳細

直感的な積算

実際の設計書をイメージした入力画面で、メニューは積上・経費計算・出力毎に頻繁に使用する機能を、わかりやすく配置。
シンプルで直感的な入力が可能となります。

積上ミスを防止 わかる積算

積上前に、登録する歩掛の適用範囲と構成(参考代価表)が確認できます。
積上時は、対話形式による条件設定時、補足説明や計算式が随時確認できるので安心です。

多様な検索

発注者毎のコード、複数キーワード検索・あいまい検索など多様な機能を搭載。
また、参考代価表の内容からも検索ができ作業効率を向上します。

出典根拠も明示

歩掛・単価・経費各データの出典根拠を表示します。
データ登録前、登録後どちらでも確認ができます。

採用優先単価を抽出

発注者毎の単価採用優先順位(例:最優先は県単価、無ければ物価単価)に 準拠した単価データを準備。
採用すべき単価を一元的に閲覧が可能です。

元に戻す/やり直す(Undo/Redo)

元に戻す/やり直す(Undo/Redo)機能を搭載していますので
誤った操作を行っても元に戻せます。
また、元に戻した操作をやり直すことも可能です。

設計書内で単価切替

設計書内で地区単価を切り替えての積算が可能です。
また、発注者を変更することで都道府県単価を切り替えての積算も可能としました。

簡単に単価・歩掛金額がわかる

設計書を開かずに、簡単に単価・損料・歩掛の金額を確認できる機能を搭載しました。

施工パッケージ型積算方式対応

機械経費・労務費・材料費をまとめた「施工パッケージ型積算」に対応。
構成比を入力すると、対象の構成比が含まれる歩掛を検索できます。
検索結果に施工パッケージ条件の候補が複数ある場合も、各条件の確認から採用まで同一画面で行えます。

総価契約単価合意方式対応

契約締結後の単価協議や請負代金額の変更時などの単価を試算。
総価契約単価合意に基づいた変更設計の積算・経費計算が可能です。

新土木積算大系 対応

国土交通省「新土木工事積算大系」に準拠し工事工種の体系化を実現。
新土木積算大系ガイドから各レベルを選択することで設計書構成を一括で自動作成。
選択するだけで設計書と同じ内訳書を作成できます。

各種補正機能も万全

夜間工事割増補正
冬期補正
豪雪補正
岩補正
地山換算
端数処理
時間的制約補正
亜熱帯補正
水替補正
港湾供用係数
潮待ち補正
丸め処理

経費・シミュレーション

リアルタイム経費計算

積み上げと同時に経費計算も行われ、工事価格をリアルタイムに算出します。
もちろん、経費率・金額の修正も可能です。

複数の経費を比較

最大10案の経費シミュレーションが可能です。
各経費計算結果は、一覧表示が可能なので簡単に比較ができます。

応札価格から逆算内訳書作成

目標とする応札価格から逆算を行い、経費・間接工事費・直接工事費の自動調整が可能です。
3つの算出方法(直接工事費調整・経費按分・分割複数算出)から逆算可能です。
もちろん、逆算結果から設計書(内訳書・代価表)に詳細に反映できます。
入札前に目的とする価格にシミュレーションでき、 様々な用途で利用可能です。

最低制限価格シミュレーション

各自治体の制度に合わせて各経費項目の評価シミュレーションを行い、低入札基準の判断が可能です。
試算結果から工事価格に反映することが行えるので、適切な価格での設計書作成が可能となります。

出力

発注者様式に対応

積算開始時に発注者と同等な帳票が設定済みなので、出力がスムーズに行えます。
金抜き/金入り・数抜き/数入り設定など詳細な印刷指定も可能です。
また、変更設計書(色付き2 段印字可能)や経費計算書・数量集計表など各帳票を出力することが可能です。

数量集計 市場単価分解機能

科目・工種等のレベルで各要素(機械・労務・材料)の数量集計が行えます。
数量や単価を実値に変更し、予算や低入札用の資料として活用できます。
また、各市場単価も簡単に分解できる機能を搭載し必要な要素の数量を拾い出せます。

Excel・PDF出力

各発注者と同等な帳票形式でExcel・PDF ファイルへ出力できます。

日当たり施工量を算出

歩掛の日当たり施工量(日進量)と施工日数を算出し、Excelへ出力可能。
水替日数や仮設材・交通誘導員の供用日の参考値の算出、予算作成などに活用できます。

運用・セキュリティ

ライセンス

ライセンスはプロテクトキーで管理されています。
お客様の使用環境に併せて選択・運用いただけます。

スタンドアロン版
プロテクトを接続しているパソコンでご利用いただけます。
LAN 版
プロテクトを接続しているパソコンを親機としてネットワーク接続で複数台※1ご利用いただけます。

サブキー※2
親機に接続できない場所で積算する場合にご利用ください。

※1:同時稼働台数はご契約ライセンス数になります。
※2:サブキーにはデータダウンロードができないなど一部機能制限がございます。

重要通知

基準や単価の改訂、システムメンテナンスなど 緊急情報や重要情報をポップアップ通知等でお知らせいたします。

一元管理

設計書を含む工事データを共有し一元的に蓄積・管理が可能です。
共有する工事データは、複数のパソコンから参照・編集・再利用が可能となり、よりスピーディーな積算作業が行えます。

セキュリティ

システム起動時のパスワード制限が可能です。
また、共有工事データではID・ユーザ名・パスワードによるアカウント管理、閲覧・編集等の権限管理が行えます。

バックアップ

大切な工事・設計書データは、常に自動でバックアップされていますので、万が一の時も安心※です。
データが壊れた場合も、復活することが可能です。

※完全なデータバックアップを保証するものではございません。