トップページ > その他 > 3D/2D画像解析システム Argos Saviour > 建設業向けご提案

3D/2D画像解析システム Argos Saviour

建設業向け 画像解析ソリューション

3D画像解析「建設現場ゲート監視システム」

不在時や夜間の建設現場は盗難や不審火など、危険要因が溢れています。
高精度な3D画像解析システムで、建設現場のゲートを監視し、不審者や不審車両、一般の方の侵入を防ぎ、事故・事件を未然に防止します。

バーチャルセキュリティフェンス機能

システム上に仮想の防犯柵(バーチャルセキュリティフェンス)を設定し、接触すると検知しカメラ内蔵のスピーカーから威嚇音を発生します。
スマートフォンに通知・ライブ映像の確認ができ、威嚇音の指示が可能です。

※本動画ではデモ用としてバーチャルセキュリティフェンスを可視化していますが、実システムでは表示されません。

侵入者検知・盗難防止

建設現場には、建設途中の資材が無防備に置かれている場合が多々あります。誰も居ない時や夜間は盗難される恐れがあります。当社の「画像解析技術」を搭載した「バーチャル セキュリティライン システム」により、不審者の侵入を正確に検知し、貴重な建設資材の盗難の未然防止を支援します。

バーチャルセキュリティライン機能

システム上に仮想の防犯ライン(バーチャルセキュリティライン)を設定し、接触または超えると検知しアラートを発報します。
広い範囲のセキュリティが可能となります。

炎検知・火災防止システム

誰も居ない時や夜間の建設現場では、放火、失火などがあれば、火事になる可能性があります。建設中の建物や貴重な資材が火事になると大変な事になります。
当社の「画像解析技術」を搭載した「炎検知システム」により、炎の大きさや色を正確に検知し、建設現場の火事の未然防止を支援します。

2D炎検知 機能

炎を検知すると、アラートを発報。検知時に接点出力でアラーム音、回転灯を作動させることが可能です。

建設現場安全管理システム

建設現場の危険バーチャルセキュリティラインを設定し、作業員が危険エリアに接触すると警報を発し、建設現場での労務事故を未然に防止します

お問い合わせ先

アルゴスセーバー担当 03-6457-4741 9:00~18:00 (土、日、祝・祭日を除く)