トップページ > その他 > BIM/CIM総合コミュニケーションツール BIM/CIM Ark Series

BIM/CIM総合コミュニケーションツール BIM/CIM Ark Series

3Dモデルの表示/閲覧からBIM/CIMデータの伝達/納品/管理までをトータルサポート

「BIM/CIM Ark Series」は、既存のCADに依存せず、IFC/DWG/OBJデータなどと連携し3Dモデルのマネージメントやレビューに使用できる、
建築・土木の3Dモデル総合コミュニケーションツールです。
属性管理を行える「BIM/CIM Ark」、レビューや納品ツールとして活用できる「BIM/CIM Ark Assist」、3Dモデルの表示や閲覧のできる「BIM/CIM Ark Viewer」の3製品の総称で、目的に合わせて「BIM/CIM Ark Series」を選択することが可能です。
また、Autodesk Revitのアドインツール(別売)を使用すると、RevitのデータをArk Seriesに変換することができます。

BIM/CIM Ark Series ラインナップ

3Dフリービューア 「BIM/CIM Ark Viewer」

複数のIFC・DWG・OBJデータから統合モデルを作成し、部材ごとに表示/非表示、色、透過率をコントロールできるフリーソフト。
寸法の確認や任意の位置での3Dモデルの断面表示が可能です。

プロジェクトレビューツール 「BIM/CIM Ark Assist」

「BIM/CIM Ark Viewer」の機能に加え、現在のモデル表示を“シーン”として登録し、その“シーン”にコメント(朱書き)が追加できます。
また、それらを“EXEパック出力”すると、実行形式のファイル(EXEファイル)が作成され、CADがインストールされていないPCでも3Dモデルの表示、登録されたシーンやコメントの閲覧が可能です。

情報管理ツール 「BIM/CIM Ark」

「BIM/CIM Ark Assist」の機能に加え、4Dシミュレーションの作成や、属性情報や属性項目の表示・追加・編集が行え、ExcelやCSV形式で出力することで、2次活用も可能。
また、新バージョンではマネジメントツールとしての機能が拡張され、点群データをそのまま取り込み他のデータと統合することや、モデルのないところにピンを配置して情報を入力することができます。

お問い合わせ先

 

GSA事業部 03-5363-0650 9:00~18:00 (土、日、祝・祭日を除く)